夏になると忘れられない光景が

あります。




写真は、迎えた当時のてぃんくん。

ニコラの子で姉の黒ラブ ターニャ(虹の橋を渡りました)

てぃんくんを迎える橋渡しをしてくれたビートくん




「輸血をしなければ、助からない」

てぃんくんが生死を彷徨っていた日

とてもそんな気分ではなかったけど

とーさんに「気が紛れるから」

と促され自治会の夏まつりへ

いった





人手不足のため、借り出された出店の

手伝い‥夢中でポップコーンを作って

いた頃、携帯の着信。

先生からだ!

慌てて移動した大きな木の下のベンチに

座り・・・・深呼吸 「もしもし」

「輸血は成功しました!助かりますよ」

その言葉が終わったとたん


ヒューーーーーーーーードーン‼

目の前で大きな打ち上げ花火が

あがった。

それはそれは綺麗で美しすぎて

涙が出た。





あれから6年目の家族記念日を迎える

ことが出来た。





いつ再発するかわからない

覚悟して毎日を過ごしてきたので

元気に生きて誕生日(家族記念日)を

迎えられるのが奇跡のように思う





頑張ってくれてありがとうね

おめでとう!てぃんくん。





これからもずっとずっと一緒だよ





あの日の打ち上げ花火。

あれから毎年参加してるけど

後にも先にも、あれが最後だった。

住宅街なので音が問題になったらしい





異常気象だよね

夏でも薄ら寒い日があった

ふっと覗くとハウスの中で海苔巻き

みたいになってた てぃんくん。

器用だね、かわいー!
スポンサーサイト

【2015/12/28 20:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック