夏の血尿騒ぎから4ヶ月

病理検査の結果が出てから2ヶ月。



病状を把握することが今後の治療方針や

場合によっては手術することを決める

のに大切なことはわかってるけど

今、こんな元気なのに

また更にお腹を開けて病巣部全体の

組織検査をするのか‥

てぃんくんは、いつ再発するかわからな

い「バベシア」という爆弾を抱えてる




けれど、病理組織検査で「悪性上皮性

腫瘍の疑い」と診断された以上刻一刻と

病状は進行しているかも知れない恐怖心

からネットで県内の腫瘍科医を探したり

していましたがやっとセカンドオピニオ

ンしてもらう先生が見つかり今までの

検査結果など資料を作りました。

ファイルには、きすい画伯のお気に入り

を入れてお守りがわり。



とっても優しい先生で私の意向にも

理解してくださり、さっそく超音波室で

検査を始めましたがやはり何もコレと

いった異常は見つからず、もし検査結果

が事実であっても初期の段階でしょう

とのこと。

(その病院のドアには↓こんな可愛い

ステンドグラスがありました)




その先生の紹介で、麻布大の泌尿器科で

1度検査をしてもらうことになりました

そうなることは、想定内(古い?

でしたが先生の「ぼくの犬だったら受け

ると思う」の言葉に背中をおされました



2月の中旬に予約が取れましたので

行ってきます。

午後はオペがあるから診察は午前中

最近ねぼすけの私とてぃんくん

‥起きれるかなぁ?






スポンサーサイト

【2015/01/28 17:30】 | 未分類
トラックバック(0) |