てぃんくんがお空に昇った日

小雪がちらついていたね。

ひとつの季節が過ぎていったよ








ふわふわになった今年も

変わらず桜は咲き、散って

新しい命が芽吹いている











「運命的出会い」だったよね

先住犬のニコラの一周忌の日に

写真も見る前から迎えることを決め

劣悪な環境の中

必死に生き延びてきた

やせっぽっちのきみを

抱きしめた あの日






あれから7年

本当に 本当によく頑張ってくれたね

お空にたくさんの花丸描いてるの

見えたかなぁ?






てぃんくんと暮らした7年間

とっても楽しかった

毎日、いっぱい一緒に笑ったね。






かけがえのない

たくさんの思い出

ずっと ずっと 抱きしめているよ


ありがとう てぃんくん。





遊びにきてくれて ありがとう!
スポンサーサイト

【2017/04/19 20:06】 | 未分類
トラックバック(0) |




やっと、いろいろが落ち着き

穏やかな日々を過ごしております。












たくさんのお花に囲まれ

てぃんくんもママも幸せだったね。






四十九日が終わった頃

お花を送って頂いた方々へ

気持ちばかりの品を贈らせてもらいました。




おっちょこちょいのママのこと

「えっ?届いていないけど・・・」の方が

いらっしゃいましたら

何らかの形でご連絡くださいね




桜もちらほら咲き始めていますが

まだ、さむーい!

早く暖かくなって欲しいものです。

【2017/03/29 19:08】 | 未分類
トラックバック(0) |


ぼくね

びょういんを たいいんしてから

ずっと ぼくのとなりで だれかが

こもりうたを うたって くれてたの。

ままのうたう こもりうたと

くらべものに ならないくらい 



それはそれは やさしいきれいなこえで

そのうたを きいてると

ねむくて ねむくて






おひかりさまに あたるとね

あたたかくって もっともっと ねむくなって

ぐーぐーいびきかいて ねたです。



そんなぼくを

おばぁも

とーさんも

ままも

「てぃんくん よく ねてるねー!」って

くすくす わらいながら みてたです。






ふつかまえから

ぼくのべろは はいいろになり

まったく うごかなくなっちゃったんだ

にょうどくしょう による えしなんだって。



だから ままがくれる おみずも ごはんも

のみこむの たいへんだったの。

でも ままが 「おさんぽ いこうねー!」

って いうから

ままのおかお みながら

ちいさく いっしょうけんめい ごっくん したです。


だって ぼくは さんどのごはんより

うんどうより おばちゃんたちから

おやつをもらえる さんぽがだいすき!!

だったから。






まえのひ

「これなくなったら いくからねー」って

いってくれてた いつものこうえんともだちが

ほんとうに きてくれたです。







ままたちは きづかなかったけど

ぼくたちには わかるんだ

「 ばいばい! また いつか あおうね!」 って


みんなと おわかれのあいさつ したです。







よる

ぼくは いつものように

ままといっしょに べっとにはいったよ

でも、すぐしたくなっちゃって

たちあがろうとしたんだ

ままのべっと よごしたく なかったから

ままが「てぃんくん?」って きがついて

ぼくを ゆかに おろしてくれたけど

ぱたん って たおれちゃったの。

ままが ぼくをささえてくれて

いっぱい したよ


ままが ぼくのおしりを きれいに したあとね

ぼくのこと ぎゅーと だきしめて いったんだ


「てぃんくん おりこうだね

もう がんばらなくて いいんだよ

ままの この むねのなかに はいりなー」 って


ままわらってたけど

おめめが きらって ひかってた

あれ なみだっていうのかな?

ぼく はじめて みたんだ。



それから ぼくは

ままの ねいきが きこえるのを まって

「かみさま、むかえにくるです!」って

おねがい したです。

かみさまと おてて つないで

「まま ぼく いくねー」 って

ままの ねがおに ちゅーしたです





ままは すぐ きがついたみたいだったけど

かみさまが

「ふりかえっては いけないよ!」って。


ぼくは かみさまと

たかい たかい とこへ

あがって いったの

あ とちゅう 11がつに いった

ふじさん ごごうめも みえたです。



そして

ぼくの からだは ふわふわな みんながいる

らくえんに たどりついたの。






ぼくのままは きっと だいじょうぶ

だって ぼく すごく がんばったんだからー

さいごまで ままのいうこと きいたんだよ。


それに たくさんの やさしいきもちに 

まもられて いるからね。









いじょう ぼくからのほうこく でした。




びょうきの むずかしいことは

あとから ままにきいてね





みんなが ぼくの えがお だいすき!って

いってくれたみたいに

ぼくも みんなのえがお だいすきだよ。




ぼくのこと たくさん あいしてくれて

ありがとう!

【2017/02/17 18:54】 | 未分類
トラックバック(0) |


今日はてぃんくんの月命日。




 





あの日から1ヶ月。
あっという間だったような
ずっと昔のことに思えるような
不思議な時間の中に迷い込んでいます。













ひと針ひと針
てぃんくんに想いをこめて作って頂いたキルト







写真にすると わかりませんが
8年前 「これからはずっと一緒にいようね!」と
約束した 私 と てぃんくんが 刺繍されています。








「てぃんくん いつもママのスリッパ
片方隠してたよねー」と
てぃんくんをイメージして作って頂いた
ステンドグラスのルームライト

つけると あたたかい灯りが
ほっこりした気持ちにしてくれます。









いろいろな形になって
「ただいまー!」と
帰って来てくれるてぃんくんに
話しかけます。
「ママはたくさんの優しい気持ちに支えられているよ
安心してね。」









ぼくうえから ときどき ままのようす みてるけど
なんか にこにこしてるもんね

スリッパ かたほう なくなるの
もう ぼくじゃ ないからねー。
いまだ ぼくのせいに してるです!















てぃんくんを 愛してくれて ありがとう!

【2017/02/12 20:24】 | 未分類
トラックバック(0) |





いつの頃からか

ふっと思いつき水色の折り紙の裏に

お手紙を書いて鶴を折り始めた。










今日も生きてくれて ありがとう!

から始まる てぃんくんへのメッセージ

きっとお空はお友達でいっぱいだから

楽しくて遊んでいて まだ読んでないだろうなぁ










ママが折った653羽。

後はこのことを知った

散歩友達と近所友

お別れに来てくれた友達が

「是非、千羽鶴にして てぃんくんを送ろう!」と

1日の間にみんなで折ってくれた。










病院の待合

車の中

外出先

公園

いろんなとこで折ったから

落としてきちゃったのかな?

「おりがみ、足りないよー」





そんなとき、供血の協力を申し出てくれていた

シェパード アドラーくんのママ

とっとさんから96羽の折鶴が届き

「ほら、かして!」って近所友が

おリボンまでつけて素敵に仕上げてくれた












無事

千羽の鶴に てぃんくんを乗せること出来たよー。

みんな ありがとう!












「淋しくなったら鶴を開いてお手紙読んでね!」

最後のキス。












そのうち

「ぼくは、たくさんのお友達と一緒だから

淋しくないです!

それよりママ、千本ちーちーちきんはまだ?

待ってるです!」




てぃんくんから お返事がきそうな気がしてなりません(笑)







てぃんくんを愛してくれて ありがとう!

【2017/02/10 10:25】 | 未分類
トラックバック(0) |


とっと
こんにちは!
ママさんとお友達みなさんの想いの詰まった千羽鶴に加えて頂けてうれしいです(*^-^*)
天くん、お空に飛んで行くお手伝いできたかな。
しかし、統一感なくしてしまいましたね(;^_^A
きっと天くん今ごろお空で、なんでここだけ色が違うのかな~って疑問に思ってるに違いありません。
いつか、ママさんにお会いできますように!

とっとさんへ
天ママ
本当にありがとうございました。

とっとさんの色とりどりの96羽の折鶴が

残りの904羽を連れて迷いなくお空に飛んで

いきました。

わかりはしませんよ 天くん色盲ですもん(笑

桜の花が咲くころ 是非会いたいと思っています。

コメントを閉じる▲